メインイメージ

エネルギー転換はできない

エネルギーの転換はそんなに簡単には出来ません。だからこそ、エネルギー政策は国策ともなっている国の重大時なのです。エネルギーを変えるということは、これまで作ってきた発電システムを変更するということですから、それだけの設備を稼働させなくなるということを意味するとともに、代替えの設備を作らなくてはいけません。エネルギーは毎日大量に消費されるものですから、一日として不要な日はありません。それだけのエネルギーを常に作っていかなければならないので、これを転換するためには、同じ電力量を作れる設備をさらにもう一つ余剰に作っておいてそれまで作っていたものを止めるといったことをすることになります。そのためには膨大な資金と時間と費用が必要となります。そういったものがすべてあって初めて出来ることとなりますから、今の国の財政難の状態ではそういったことが出来る余裕はまずないといっていいのが実情ということになるわけです。

Copyright© 2015 シェールガスは日本にも影響が All Rights Reserved.