メインイメージ

意図的な急落だと

アメリカ合衆国はシェールガスを採掘する技術革新を行ったため、資源を輸入だけに頼らないようになりました。 ガスや原油を輸出する資源国にとっては、輸出量が減るため、国益を損ないます。追い打ちをかけるように、近年、世界的に景気が減速傾向にあるため、資源の需要がより一層、減ってきている傾向があります。 石油輸出機構は原油の価格が下がっても、意図的に生産量を減らさないようにしたことで、原油価格の急落を招きました。石油輸出機構にとっては意図的に原油価格を下げることで、採掘コストのかかるシェールガスより優位にたつ狙いがあります。 日本は資源を輸入に頼っています。資源コストの下落は燃料費、電気、ガスの料金が下がるため家庭や企業にとっては良いと言えます。しかし、短期的に見ると、意図的な急落を行ったために、資源の先物取引を行っている金融機関は大きな損失を被り、その損失を株や債権などの金融資産を売却する可能性があるため、金融市場に大きな混乱を招くことになります。

Copyright© 2015 シェールガスは日本にも影響が All Rights Reserved.