メインイメージ

輸入に頼りすぎな日本は

資源を輸入に頼る日本は非常に危ない状態にあるといえます。世界の情勢に左右されることになるので不安定な状態です。これはエネルギー源となる化石燃料でもいえることですし、食料品などの農産物でもいえることです。TPPが大きな話題となっているのも輸入に頼りすぎているといったことによるものです。 食べ物もエネルギー源も輸入に頼っているということは、世界の影響をそのまま受けることになります。食料不足となれば食料価格が上昇することになりますし、化石燃料の価格が上昇すれば発電コストが上昇して、電気代や石油製品の価格が上昇することになります。つまり、輸入に頼っていると世界の情勢の変化をもろに受けることになってしまうので、自国で補えるものは補っていくといったことを考えることが必要です。今でも世界の情勢に振り回されることになっているのですが、それが今後も続いていくことになります。それは、そのまま生活不安につながっていきます。

Copyright© 2015 シェールガスは日本にも影響が All Rights Reserved.