メインイメージ

大国を超大国にしないためか

原油の急激な価格の低下は世界で発展しつつあったシェールガスの生産に赤信号を点灯させることになりました。シェールガスは従来の石油とは異なり、現在の産油国以外でも広く採掘することが出来る石油の精製方法であり、アメリカやロシアなどがそのシェールガスの採掘により産油国の仲間入りを果たす状況になってきています。 この様な状況に対して現在の産油国は危機感を募らせており、価格に対する影響力を維持するために増産体制に入ったのではないかと言われています。このことには既に大国としての確固たる地位を築いている国が、より強い発言力を持つ超大国になることを抑制している可能用に機能していると言えます。大国は現在でも大きな発言力を持っており、エネルギー資源でも主導権を握る様になれば大国のパワーバランスが崩れてしまう可能性もあるでしょう。この様な問題に対して現在の産油国が主導権を行使する一つの手段が価格の低下だったのではないかと言われています。

Copyright© 2015 シェールガスは日本にも影響が All Rights Reserved.