メインイメージ

シェールガスは日本にも影響が

アメリカでシェールガスの生産が本格化し、昨年11月にOPECも減産を見送ったことにより、世界の原油は需要量より供給量が上回っており、価格は下落し続けています。
アメリカから日本へ、液化シェールガスが輸入されるのは2017年とまだ先ですが、既に日本において影響が出て来ています。

一番身近に感じられているのは、ガソリン価格の下落です。石油価格の下落は、ガソリンだけでなく、石油を原料として作られる工業製品の原材料価格の引き下げにも繋がります。

交通事故の保険対応が不満なら相談を
http://jiko.e-bengo.jp/
相手方保険会社からの治療費打ち切りに納得できない時にも

現在、国内化学メーカーには多大な影響が出ています。シェールガスを原料として作られる石油化学製品はエチレンですが、エチレンはフィルムや床材、パイプ管などの石油化学製品の基礎原料です。
アメリカで、シェールガスを原料として低価格でエチレンを作る会社がプラント建設を進めている為、日本国内で操業する会社は競争力を失い、撤退を余儀なくされています。

逆に、アメリカにプラントを建設している日本の化学メーカーには好影響が出ています。これからは、アメリカを拠点に操業出来るかどうかが化学メーカーにとって運命の分かれ目になりそうです。商社はシェールガス掘削の権益取得に力を注いでいます。

シェールガスの価格下落により、天然ガス自動車にも世界的に注目が集まっています。日本の自動車メーカーも、将来的に天然ガス自動車を生産、増産していく会社が増えていくことが予想されます。

スマホに違和感を感じたら
http://www.samsung.com/jp/contents/guide/
知っておきたいバックアップ方法

東日本大震災により、原発の稼働が停止している今、液化天然ガスの輸入量が増えています。その為、電気料金の値上げが企業や家庭を圧迫しています。低価格のシェールガスが輸入出来るようになれば、電気料金やガス料金の引き下げも予想出来ます。

航空業界ではエネルギー価格の下落により、航空運賃が値下がりし、航空業界自体が飛躍することも予測されます。航空運賃が値下がりすれば、旅行代金も値下がりし、海外旅行ブームが到来する可能性もあります。

シェールガスによって低価格燃料の調達が進めば、バイオエタノールの必要性が薄れる、つまり、コストをかけてトウモロコシから燃料を作らずに済むようになります。トウモロコシ農家が小麦、大豆に転換するようになり、世界的に穀物の価格が下落することが予測されます。

事業でも個人でも使えるお得なGPSレンタル
http://ichidoco.com/
修学旅行などの学校の生徒管理にも!

そうなると、飼料の価格が下がり、一般消費者にとっては、パンや麺類などの小麦製品の価格下落、食肉の価格下落といった恩恵に与ることが出来るようになるでしょう。

Copyright© 2015 シェールガスは日本にも影響が All Rights Reserved.